最近の記事

2008年05月29日

5-29-25008

4月の外食売上げは前年同月比マイナス −日本フードサービス協会
農業協同組合新聞
外食産業市場の4月の売上げは前年同月比で2年2ヵ月ぶりにマイナスに転じたと日本フードサービス協会が5月26日発表した。全店ベースによる全業態トータルでは98・7%で前年を1・3%下回った。4月は雨が少なかったが、休日が1日少なかったことが影響し、客数が減少 ...


[ベトナム株]5月のCPI、前月比3.91%上昇
中国情報局ニュース - China
前年末比では15.96%、前年同月比では25.2%の上昇。前月比で上昇率が最も高いのは、コメ価格の高騰を反映した食糧の22.19%で突出している。その他は、食品2.28%、外食2.56%が高いほうで、住宅関連・建設資材も1.2%の上昇にとどまっている。


惣菜向け冷凍食品市場の調査を実施
日経プレスリリース
外食市場が依然として停滞しているのに対し、惣菜市場は拡大を続けている。消費者の簡便志向や、共働き夫婦の増加に伴い食の外部化比率が高まっており、特に外食よりも手軽な惣菜が需要を獲得している。一方で冷凍食品市場は、飛躍的な成長を遂げてきたが、ここ数年は ...


<JQ>ホッコクがストップ高気配――今期収益予想を上方修正
日本経済新聞
従来予想の2億4000万円の黒字を上回るとの見通しを好感した買いが集まっている。ラーメン店を展開する。リサーチ業務や外食向けなどの経営コンサルティングを手掛ける会社を完全子会社することで収益の上乗せ効果が出る。固定資産の売却も寄与する。〔NQN〕


外食産業の売上高、4月は3年2か月ぶりに前年下回る
読売新聞
4月の外食産業の売上高は、新規店を含む全店ベースで前年同月より1・3%減り、2005年2月以来、3年2か月ぶりに前年を下回った。日本フードサービス協会が26日発表した。来店客数が1・2%減っており、原材料価格の高騰による消費者心理の冷え込みが逆風に ...


4月外食産業の全店売上高、05年2月以来のマイナス
朝日新聞
[東京 26日 ロイター]日本フードサービス協会が26日に発表した4月の外食産業市場動向調査によると、新規店を含めた全店売上高は、前年比1.3%減となり、2005年2月以来3年3カ月ぶりにマイナスに転じた。既存店売上高も同3.8%減で3カ月ぶりの ...


4月の外食売上高、3.8%減・3カ月ぶりマイナス
日本経済新聞
日本フードサービス協会が26日発表した4月の外食 売上高(既存店ベース)は、前年同月に比べ3.8%減少した。前年実績割れは3カ月ぶり。客単価は0.1%増えたが、客数が3.9%減少した。同協会は、前年より休日が1日少なかったのが原因と分析している。 ...


posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。